自然観察雑記帳/サイト内検索
マダラスズ(斑鈴虫)
直翅目(バッタ目)  キリギリス亜目  ヒバリモドキ科
学名 Dianemobius nigrofasciatus
「雌」 撮影/September,29,2011

◎分布 北海道、本州、四国、九州、南西諸島。

◎時期 6〜11月。

◎大きさ 6〜8mm。

◎食物 植物や昆虫の死骸など。

・後脚腿節に白黒のマダラ模様がある。芝生や草地に生息する。

・「ジィーッ、ジィーッ」と、間をおいて鳴く。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。

 
「雄」 撮影/October,28,2011
・小顎肢(小顎鬚)の末端は黒い。
 

・大きい画像は覗くこちら。
直翅目(バッタ目)写真検索はこちら。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 同じ仲間の「カワラスズ(D. furumagiensis)」の後脚もマダラ模様をして、判断に迷いましたが、撮影した場所や大きさで判断しました。見分けるポイントとして、本種の小顎肢(小顎鬚)の先端ははっきりとした黒帯があり、カワラスズの先端は黒くないらしい。また、雌の前翅基部には白色部があるそうです。

2011年10月---雄の写真と顔の写真を追加しました。正面から撮るのは一苦労です。

バッタ目・索引  写真

--関連ページ--

ヤチスズ

/ヒバリモドキ科

ヒメスズ

/ヒバリモドキ科

シバスズ

/ヒバリモドキ科

ヒゲシロスズ

/ヒバリモドキ科

ウスグモスズ

/ヒバリモドキ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ