自然観察雑記帳/サイト内検索
クサヒバリ(草雲雀)
直翅目(バッタ目)  キリギリス亜目  ヒバリモドキ科
学名 Svistella bifasciata
「雄」 撮影/October,07,2011
◎別名 「アサスズ」。

◎分布 本州、四国、九州、南西諸島。

◎時期 8〜10月。

◎大きさ 7〜8mm。

◎食物 不明。

・全体に薄い色で、後腿節の外側にある2本の黒帯が特徴。林縁の藪に生息する。

・「フィリリリリ」と続けて鳴く。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。

 
「雌」
 
 
・大きい画像は覗くこちら。
直翅目(バッタ目)写真検索はこちら。
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 別名「アサスズ」は早朝から鳴く事から付けられ、昼夜問わずに美しい声で鳴く。・・・しかし、声は聞こえても探し出すのは難しい。

バッタ目・索引  写真

--関連ページ--

ヤマトヒバリ

/ヒバリモドキ科

ウスグモスズ

/ヒバリモドキ科

ヤチスズ

/ヒバリモドキ科

ヒメスズ

/ヒバリモドキ科

マダラスズ

/ヒバリモドキ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ