自然観察雑記帳/サイト内検索
ケラ(螻蛄)
直翅目(バッタ目)  ケラ科
学名 Gryllotalpa orientalis
撮影/May,13,2013

◎分布 日本全土。

◎時期 一年中(主に4〜9月)。

◎大きさ 30〜35mm。

◎食物 雑食性。

・湿った草地や田畑などの土中にトンネルを掘って生息する。

・体は濃茶褐色で全体にビロード状の毛が生えている。

・不完全変態(小変態)。卵→幼虫→成虫。


・大きい画像、他の画像へ覗く
直翅目(バッタ目)写真検索はこちら。
【分類】
◎動物界       [Animalia]
◎節足動物門    [Arthropoda]

◎昆虫綱       [Insecta]

◎直翅目        [Orthoptera]

◎コオロギ亜目   [Ensifera]
◎ケラ上科      [Gryllotalpidea]
◎ケラ科        [Gryllotalpidae]
◎ケラ属        [Gryllotalpa]
◎ケラ    [Gryllotalpa orientalis]
撮影/February,27,2017
※判断自信度 ★★★★★
※メモ ずっと前から見たいと思っていた種で、やっと見ることが出来ました。しかし、動きが早くゆっくりしてくれません。前肢はモグラの前脚と同じような感じで可愛いかったのですが、残念ながら撮れませんでした。

2017年2月---二度目の出会い。まだ体の色も薄く、翅も伸びきってない若い個体のようです・・・土の中に潜ろうと必死にもがいてました。可愛いですね。

バッタ目・索引  写真

--関連ページ--

マツムシ

/マツムシ科

アオマツムシ

/マツムシ科

カンタン

/マツムシ科

ササキリ

/キリギリス科

カネタタキ

/カネタタキ科

観察帳ヘ  写真帳へ

 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ