自然観察雑記帳> > 動物 >鳥類 >ルリビタキ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ルリビタキ(瑠璃鶲)
スズメ目 ツグミ科 ()
学名 Erithacus cyanurus ()  英名 Red-flanked Bluetail
「成鳥冬羽・雄」 撮影/January,18,2009

◎生活型 留鳥または漂鳥。

◎分布 北海道〜四国。

◎生息地 林。

◎見られる時期 一年中。(暖地の低地は11月〜4月)

◎大きさ L 14cm。
      W 22cm。

◎飛び方 直線飛行。

・亜高山帯の針葉樹林で繁殖する。冬は低地に下り、樹木(林)の多い公園でも見ることが出来る。

・[雄] 頭頂から上面は青色で、白い眉斑がある。下面は白色。脇は橙黄色。嘴は黒い。足は黒く赤味がある。

・地泣きは「ヒッ、ヒッ」「ビッ、ビッ」などと鳴く。さえずりは「ピチチュリ、チュリリリリ・・・」など。

・[雌] 頭から上面がオリーブ褐色で、尾羽は淡い青色。胸は淡褐色で腹は白い。脇は橙黄色。
「雌」

---日本鳥類目録/改訂第7版---
(日本鳥学会・2012年)

◎鳥綱 Aves

◎スズメ目 Passeriformes

◎ヒタキ科 Muscicapidae

◎ルリビタキ属 Tarsiger

◎ルリビタキ Tarsiger cyanurus

・大きい画像、他の画像へ覗く
・写真検索/水辺の鳥 山野の鳥
・鳥類解説/@用語 A図解
「若鳥冬羽・雄」 撮影/December,21,2016
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 可愛くて綺麗・・・ホームグラウンドでは毎冬やって来る探鳥会の人気者。「○○ビタキ」と付くがヒタキ科ではなくツグミ科の仲間。他に「ジョウビタキ」「ノビタキ」もツグミ科。

2014年12月---2012年発行の『日本鳥類目録/改訂第7版』による新しい分類体系を追加表記しました。()改訂第7版では、「ツグミ科」だったものは「ヒタキ科」に入れられ「ツグミ科」はなくなりました。学名「Erithacus cyanurus」→「Tarsiger cyanurus」。
索引  五十音順索引  写真へ
--関連ページ--

ジョウビタキ

ノビタキ

サメビタキ

コサメビタキ

エゾビタキ
観察帳へ  写真帳へ
戻る  表紙へ