自然観察雑記帳> > 動物 >鳥類 >コウノトリ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コウノトリ(鸛)
コウノトリ目 コウノトリ科
学名 Ciconia ciconia 英名 White Stork ()
撮影/November,07,2006

◎生活型 冬鳥。

◎分布 全国。

◎生息地 水田、干潟、湖沼など。

◎見られる時期 11〜3月。

◎大きさ L 110〜115cm。
      W 195cm。

◎飛び方 直線飛行。

・国の特別天然記念物。環境省レッドリスト(2006年版)の絶滅危惧IA類(CR)。

・かつては日本でも繁殖していたが、湿地の開発などが原因で1971年に野生の個体は絶滅した。

・雌雄同色。

・頭部から体の上・下面は白、風切は黒い。嘴は黒、足は赤橙色。

・ディスプレイの時に嘴を噛み合わせて「カタカタカタ・・・・」と音を出す。
撮影/兵庫県立コウノトリの郷公園」

---日本鳥類目録/改訂第7版---
(日本鳥学会・2012年)

◎鳥綱 Aves

◎コウノトリ目 Ciconiiformes

◎コウノトリ科 Ciconiidae

◎コウノトリ属 Ciconia

◎コウノトリ Ciconia boyciana

・写真検索/水辺の鳥 山野の鳥
・鳥類解説/@用語 A図解
※判断自信度 ★★★★★
※メモ 2014年12月---2012年発行の『日本鳥類目録/改訂第7版』による新しい分類体系を追加表記しました。()英名「White Stork」→「Oriental Stork」。
索引  五十音順索引  写真へ
--関連ページ--

アオサギ

ダイサギ

チュウサギ

コサギ

アカガシラサギ
観察帳へ  写真帳へ
戻る  表紙へ