自然観察雑記帳> > 動物 >鳥類 >コジュケイ

自然観察雑記帳/サイト内検索
コジュケイ(小綬鶏)
キジ目 キジ科
学名 Bambusicola thoracica  英名 Chinese Bamboo Partridge
撮影/September,28,2004
外来種

◎生活型 留鳥。

◎分布 本州〜九州。

◎生息地 雑木林、草地など。

◎見られる時期 一年中。

◎大きさ L 27cm。
      W 38cm。 

◎飛び方 直線飛行。

・中国原産で、1919年に東京都と神奈川県で放鳥されたものが自然繁殖したとされている。ウズラより一回り大きく、体形は似る。

・雌雄同色。

・成鳥は頬と喉、側頸から下胸は赤褐色。額から過眼線、頸の後方に伸びる線と胸上部は青灰色。腹からの体下面は黄橙色、脇には褐色の三日月斑がある。

・「ピッピュッ クァイ ピッヒュッ クァイ」と鳴く。「チョットコイ チョットコイ」と聞きなされる。

・他のキジ科「キジ」「ヤマドリ」。
撮影/February,20,2015

---日本鳥類目録/改訂第7版---
(日本鳥学会・2012年)

◎鳥綱 Aves

◎キジ目 Galliformes

◎キジ科 Phasianidae

◎コジュケイ属 Bambusicola

◎コジュケイ Bambusicola thoracicus

・写真検索/水辺の鳥 山野の鳥
・鳥類解説/@用語 A図解

※判断自信度 ★★★★★
※メモ 見る機会は多いのですが直ぐに逃げられてしまって良い写真が撮れません。

2014年12月---2012年発行の『日本鳥類目録/改訂第7版』による新しい分類体系を追加表記しました。
索引  五十音順索引  写真へ
--関連ページ--

キジ

ヤマドリ

スズメ

ソウシチョウ

キジバト
観察帳へ  写真帳へ
戻る  表紙へ