自然観察雑記帳> > 動物 >鳥類 >ダイシャクシギ

自然観察雑記帳/サイト内検索
ダイシャクシギ(大杓鷸)
チドリ目 シギ科
学名 Numenius arquata  英名 Eurasian Curlew
撮影/May,10,2019

◎生活型 旅鳥、または冬鳥。

◎分布 全国。

◎生息地 干潟、河口、砂浜など。

◎見られる時期 8〜5月。

◎大きさ L 58〜60cm。

・嘴が長く、大きく下へ湾曲する大型のシギ。日本海側には少なく、主に本州中部以南の太平洋側で越冬する。

・雌雄同色。雌の方が雄よりも少し大きく、嘴も長い。

・頭部から胸は淡いパフ色で黒褐色の縦斑があり、腹から下尾筒までは白い。上面は黒褐色で、黄褐色と白色の羽縁がある。嘴は黒く、下嘴の基部はピンク色。足は灰黒色。

・「ポポポポ ホーイン ホーイン」と大きな声で鳴く。

---日本鳥類目録/改訂第7版---
(日本鳥学会・2012年)

◎鳥綱 Aves

◎チドリ目 Charadriiformes

◎シギ科 Scolopacidae

◎ダイシャクシギ属 Numenius

◎ダイシャクシギ  Numenius arquata

・写真検索/水辺の鳥 山野の鳥
・鳥類解説/@用語 A図解
※判断自信度 ★★★★★
※メモ  
索引  五十音順索引  写真へ
--関連ページ--

ホウロクシギ

オオソリハシシギ

チュウシャクシギ

ツルシギ

アカアシシギ
観察帳へ  写真帳へ
 
関連コンテンツ
 
戻る  表紙へ