自然観察雑記帳> > 植物 >ボケ

 
ボケ/木瓜
バラ科、ボケ属の落葉広葉低木
学名  Chaenomeles speciosa
「ゆめ」 撮影/March,30,2003
 

◎別名   カラボケ

 

◎花期  2月〜4月。

◎適地  北海道南部以南。

・剪定いかんが花付きを決定する。夏に枝を切ると、花芽が出来ずに葉芽となってしまうので、夏季の剪定は行わない。

・11月以降、花芽を確かめながら深めに切り詰め、樹形を整えてやると、毎年良い花が咲く。

・日当たりが良く有機質に富む土を好む。

「高嶺錦」 撮影/April,03,2003

 

【鉢植え】

剪定、 通常10月〜11月に行う。春から伸びた枝は、6月〜7月に先端部分を少し切り詰めると芽が充実する。花は枝の先端部ではなく、前年の春に伸びた枝の基部と、2年生枝以上の短い枝の基部に花芽をつける。剪定の時、花芽だけを残してそれより先端にある葉芽を切ってしまうとその枝は枯れてしまうので、葉芽を2〜3芽残して剪定する。
植え替え 出来れば毎年、少なくとも2年に1回。根鉢の半分をくずし、古い根を下から3分の1位切り詰め、赤玉土5、腐葉土3、川砂2の混合土で植え替える。植え替え後は、直射日光を避け、風の当たらない所に置く。
水やり  たっぷりと、特に夏は鉢土が良く乾くので、1日2回水やりする必要がある。水切れすると8〜9月ごろ葉が褐色になったり落葉したりする。
肥料  3〜10月までの間は、1〜2ヶ月に1回の割合で固形の有機質肥料の大粒を5号鉢なら2粒くらい施す。
病害虫  根頭癌腫病、根に褐色のこぶができる病気、すぐに枯れる事はないが、樹勢が衰え他の根にもうつる。 植え替え時に病害部分を見つけたら、その部分を切り落とし、切り口をストレプトマイシン剤に浸してから植えつける。
ふやし方  挿し木、取り木、根伏せ、株分け。取り木は活着率が高く、盆栽の素材を得るのに良い。

植物名別索引

 
戻る  表紙へ